2020年を振り返る

2020年もそろそろカウントダウンが始まりますね。みなさまいかがお過ごしでしょうか?僕は遅まきながら2020年を振り返ってます。思い返しながら2020年をまとめていきます。

1月
昨年末からYouTubeチャンネルの動画投稿を再開しめ、その後も動画を投稿し続ける。Finale(譜面作成ソフト)導入。アコースティックアンサンブルのミーティング(後にコロナの影響により活動休止)ギタリストの多功さんのラジオ番組に出演。

2月
バンドアンサンブルのミーティング(後にコロナの影響により中止)YouTubeの動画編集のスキルをひたすら磨く。コロナの影響で地元の小中学校・幼稚園の休校が決まる。

3月
コロナの影響が徐々に広がってきたので試験的にオンラインレッスンを導入。オンラインレッスンに必要なオーディオインターフェイスやウェブカメラなどを揃え始める。YouTube動画の投稿が少し滞り気味。

4月
緊急事態宣言の発令によりオンラインレッスン(もしくは通信レッスン)に完全に切り替える。ネットの通信環境をWi-Fiから有線に切り替えたことによってだいぶ改善される。WebCameraやオーディオインターフェイスをピアノ教室用に導入しようとするもどこも品薄で入手するのに困難を極める。NETDUETTO(現SYNCROOM)を試し始める。

5月
引き続き対面レッスンを避けオンラインレッスンと通信レッスンで対応する。緊急事態宣言が解除される。

6月
対面レッスンを再開する。YouTube動画の投稿がストップする。

7月
久しぶりにYouTubeの動画を投稿する。発表会の会場の手配を済ませる。ずっと借りていたGibsonのL4を正式に買い取る。

8月
Finaleを本格的に使い始める。採譜ソフトTranscribe!を導入。耳コピ→採譜→譜面作成の日々。

9月
YouTubeチャンネルの登録者が200人を超える。東久留米ジャズ・フェスティバルに参加。

10月
国立図書館へ。探していたジャズライフの記事を執念で見つける。

11月
ダイエットの一貫として筋トレとストレッチを始める。教室の発表会を行う。打ち上げはオンライン(ZOOM)で開催。

12月
YouTubeLive(生配信)を始める。YouTubeチャンネル登録者300人超える。MacBook Air、Logic Pro、Final Cut Proの手続きを済ます。基礎見直し講座と忘年会をオンライン(ZOOM)で開催。アコースティックアンサンブルの再開。

ざっくりとまとめましたが、こんなところでしょうか。今年は講師活動20周年という大きな節目だったので、色々とイベントを行う予定だったのですが、事々しく計画は崩れてしまいました。でも、動画の投稿やオンラインレッスン等、全く知らなかった分野への挑戦が沢山できました。大変なことも多かったですが、総じて自分にとって、そして教室(生徒さんも含む)にとっても大きく前に進めた1年となっとのではないかと振り返りながら思いました。

『雨降って地固まる』となるように、2021年は新たなステージに進めるように、引き続きチャレンジし続けていきます。

最後に、コロナの影響で、一時的に対面レッスンが行えなくなり、生徒のみなさまには多大なご心配と労力をかけてしまいました。でも、みなさまのご理解とご協力のおかげで何とかこの1年を無事に乗り越えることができました。本当にありがとうございました。来年も引き続きよろしくお願いいたします。

2020年12月31日 道祖尾 良児

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です