東久留米JAZZフェスティバルで演奏してきました

9月26日に東久留米JAZZフェスティバルにて演奏してきました。

東京都にある東久留米市は「ジャズを楽しみながらまちづくり」をすすめているようで、日頃からジャズのイベントを行なっているようです。今回は、東久留米市でギター教室の運営、ギタリスト、ラジオパーソナリティーなどなど、多岐にわたりご活躍の多功誠さんからお誘いいただきました。

メンバーは上の写真より、左から多功誠さん(Guitar)、入船裕次さん(Bass)、道祖尾良児(Guitar)。今回は多功さんの提案で、ガットギターとフルアコの2本持ちでの演奏となりました。以前から多功さんとは、つくし野で行われるアコースティックカーニバルでガットギターでのジャズを追求しているので、この場で演奏できることが楽しみでした。

慌ただしくリハーサルが終わりいざ本番。リハーサルと言ってもセッティングでほとんど終わってしまったので実質ほぼぶっつけ本番。でも、流石にみんなジャズマン。程よい緊張感を楽しみました。

途中からDrumsの坂本貴啓さんも加わりました。Kenny BurrellのChitlins Con CarneをFunkyに演奏。

最後はPianoの福井アミさんも加わって。あぁ、もっともっと一緒に演奏したかったー!!

あっという間に時間は過ぎステージを終えました。コロナ禍の中、安全第一にイベントを運営してくれたスタッフのみなさま、そして足元の悪い中ご来場いただいたお客様、改めましてありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です